読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✲゚。.ヾ(⌒(ノ'ω')ノ☆.。

変色系男子の日常。

人生の勝ち組とは

この世の中、いつだって気持ちよくなった方の勝ち。違うか?

- チャールズ・ビームス (交響詩篇エウレカセブン)

 

気持ちよくなったものが人生の勝ち組なのだとしたら、数時間トイレを我慢し続けたのちに、無事安息の地にたどり着くことのできたこの僕は、人生の勝ち組なのではないだろうか。少なくとも堰を切って放水したこの瞬間においては。

 

我慢を続けることで、いつ膀胱が炎症してもおかしくはない。ふとした事故でさらに数時間の間、尿意という不快感を感じ続ける羽目になるかもしれない。はたまた、運悪く途中で命を落としてしまえば、自縛霊として尿意とともにこの世に未来永劫絆され続けるかもしれない。そういった危機を無事に回避し、万難を排して白い陶器と向き合えた喜びは、想像しうるあらゆる幸福を凌駕している。

 

高い壁を登った先には必ず救済がある。それを迎えることのできた自分が勝ち組ではなくて、なんと呼ぼうか。

 

しかし、放尿後の多幸感に浸るのもほどほどにしなければいけない。そのような余韻はたちまちに過ぎ去ってしまうだろう。そう、僕らに必要なのはただ勝つことではなく、勝ち続けることなのだ。それをゆめ忘れることなく、さあ次のステージへ進もう。次は TOTO か、あるいは LIXIL か。新たな出会いに心躍らせながら。